FC2ブログ

示談交渉サービス

今日は保険の示談交渉サービスについてのお話。
個人的な意見ですので、気になさる方は読まないでくださいね!(笑)

というのも、元受けさんがお預かりした車が入庫出来ない理由がこれだったので。(^_^;)
事故をしてしまったときに、大抵の場合、保険屋さんにお任せしますよね?
それが一番話自体早く進むので。
追突でしたら、相手が一方的に悪いというケースがほとんどなので、自分に過失がないというのも、相手の保険会社も理解して問題なく進むことがほとんどですが、自分が直進している最中、横から出てきて自分の車の後部にぶつかった・・・なんてケースは自分が過失がないと思っていても、相手の保険会社さんは1割無いし2割の過失を求めてくる・・・ということがほとんどです。
自分が動いていたかどうか?ということが問題になってくるんですけどね。
停車時にぶつけられてしまった場合は勿論自分に過失がないと言えるのかもしれませんが、それを判断するのが相手の保険会社のアジャスターさんになるんです。
勿論プロですから、停車時にぶつかったのか、走行していたのかは傷を見て判断するんですけど、今回そこでもめている様子。
で、相手のアジャスターさんはこちらの保険会社さんにも見てもらった方がいい・・・という話になったようですが、ここでまた問題が・・・。
本人が自分に過失がないと言っている場合は自分の保険会社さんは出て来てくれないんです!
保険会社さんの言い分は、過失がないということは支払い義務がないので、保険会社に交渉権はないということらしいのですが、実際に本人とプロと話しても話は平行線・・・ですよね。
弊社でも以前やはり同じようなケースがありましたけど。
保険会社さんに出てきてもらうには、自分にも過失があったと認めること・・・らしいのですが、このシステム自体に疑問が。
過失がないことを証明してくれることも示談交渉にはならないんでしょうか?
よく過去の判例で、過失割合を決めている・・・と保険会社さんは言いますが、その判例も数多くある中の一部に過ぎないわけですし、そもそも保険会社さんの選んでいる判例にも疑問があるんですけどね。
ドライブレコーダーの普及で多少改善されつつあるようですけど、まだまだですね。
もともと過失割合に関しても保険会社さんのルールにほぼ従っている状態なのに、過失を認めなければ交渉出来ないって話もおかしなものかと。
私たちもいろんな事故車を見てきましたので、傷の種類によって同じ事故の傷か別のものか・・・ということは大体判断がつきますけど、100%ではありません。
車が動いていたかどうかなんて、ケースによってはいろいろありますし。
プロ同士で話して契約者さんに理解を求めることも示談交渉ではないでしょうか?
なんて思ったり。(笑)。
まぁ、法律や約款など、いろいろ妨げはあるんでしょうけど、契約者さんを守るっていうのも一つではないのかな?今回のケースもきっと話が進まずに長引きそうですね。(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おーるりばぁ

Author:おーるりばぁ
おーるりばぁのブログへようこそ!
静岡県沼津市で車の修理をしています。
個人ブログではありますが、会社のお得情報も掲載していきたいと思いますので宜しくお願いします。

皆川自動車板金塗装工業所
TEL055-966-4119

最新記事
カテゴリ
ご連絡はこちらから
ご意見・ご感想・お問い合わせ等お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード